Twitter

ツイッターにて詰めポケカの更新情報や、公式さんへの質問とその解答などをつぶやきますので、よかったらフォローお願いします!

【初心者用コラム】 中級者も必見! JCS優勝のレシリザデッキを個人的に分析&解説! その③

ご覧いただきありがとうございます!

今回はJCS優勝デッキ分析として、

「使われなかったカード」に着目して、

解説していきたいと思います!

個人的にはここが一番面白い!(笑)

 

デッキレシピ

デッキコード FFvF5w-YA5TVm-1FVbkV

 

 

構築の特徴

僕個人としての感想ですが、

このデッキは、

「各デッキの対策をしていない」

のが特徴的だと思います。

その「対策されていないデッキ」の

代表格が、フーパブラッキーですね!

 

フーパの特性でGXポケモンを抑え、

倒されてもブラッキーで倒し返すのが

コンセプトのデッキですが、

優勝デッキはこのデッキに対して

ほとんど為す術がなく、

「あくのいましめ」のフーパぐらい

しか戦えるポケモンがいません。

当たればかなり苦しいでしょう。

しかし、それでも優勝できたのは、

「環境読み」の部分が大きいと

僕は思います。

 

JCSにおける環境

JCS当時の環境は、

様々なデッキが乱立していましたが、

それでもレシリザが他よりも勝率で

リードする展開でした。

CL京都から一躍流行した

フーパブラッキーでしたが、

トーナメントリーダーと呼べる程の

成績はあげていませんでした。

それは、レシリザや他のタッグチームを

採用したデッキたちが、

アローラベトベトンなどの

フーパブラッキー対策を入念に

してきたからです。

 

フーパブラッキーというデッキは

流行りに対するカウンター構築であり、

対策自体はそう難しくないこともあって、

「フーパブラッキーがいる」という

前提になってしまえば、

有利な状況ではなくなります。

つまり、CL京都から流行ったからこそ、

フーパブラッキーはJCSにおいて、

数を減らすことになりました。

そして今回優勝したのが、

「余計な対策をするよりも、

同じタッグチームに殴り勝つ」

ことを最優先事項においた、

このデッキだったのだと僕は思います。

 

対策しないメリット

フーパブラッキー対策が無いので、

当然フーパブラッキーには負けます。

しかし、フーパブラッキー対策に

デッキスペースを割いていないため、

フーパブラッキー対策をした

GXやタッグチームデッキよりも、

円滑にデッキを回せるのです。

これは環境を読んだ上で、

その読みに心中できる覚悟があって

初めてできることだと思います。

そういった意味でも、このデッキは

「潔い」デッキであると感じました。

一回当たるかどうかの

フーパブラッキーや

ケルディオ型水バレットは捨てて、

しょっちゅう当たるピカゼクや

ウルネク、超バレットを

しっかり倒す。

言葉にしてしまえば簡単ですが、

自分は絶対できません。

アローラベトベトン入れます(笑)

それぐらい、潔いデッキ構築だったと

感じます。

この、

「対策していないメリット」を

思考の中心軸にして、

他の非採用カードをみていきましょう!

 

非採用ポケモン

ボルケニオン、ブースター

フーパを殴れるボルケニオンと

ラフレシアを殴れるブースターが、

非採用。

カキの使用に重点を置くので、

エネ加速としての役割が不要

というところでしょうか。

 

バクガメス、ビクティニ

非GXの優秀なアタッカーですが、

デッキスペースを割いて採用するのは

もったいないといったところでしょう。

このカードでスタートになったときの

不安定さもあるかもしれません。

ジラーチが入っているからには

やはりジラーチスタートが

ありがたいと思うので、

その妨げになるポケモンは

最低限にしたいというのも

あるかと思います!

 

ヒードランGX

タッグチームを一撃で倒せる

GXポケモン。

しかし前述の内容と同様で、

ヒードランから始まってしまう展開は

望まないため、非採用となります。

 

非採用グッズ

グッズは多岐に渡るので、

ピンポイントでこのカードだけ

考察してみますね!

 

火打石

そもそも火打石はブルーの探索との

相性は良いですが、

カキとは役割がかぶってしまうので、

手札へのエネ供給は

巨大なカマドがあれば十分でしょう。

 

 

まとめ

ご覧いただきありがとうございました!

少しでも構築された方の意図が

くみとれていればいいのですが……

皆さんも色んなデッキをみたら、

何が採用されているかよりも、何が

採用されていないかに注目することで、

見えるものがあるかもしれません!

ぜひ試してみてくださいね!

ご参考になれば幸いです!

しばらく真面目に書き続けたので、

明日からは変なデッキ紹介に

戻りますね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です