Twitter

ツイッターにて詰めポケカの更新情報や、公式さんへの質問とその解答などをつぶやきますので、よかったらフォローお願いします!

【初心者用コラム】 中級者も必見! JCS優勝のレシリザデッキを個人的に分析&解説! その②

ご覧いただきありがとうございます!

今回はJCS優勝のレシリザデッキの

解説第二段として、トレーナーズの

解説をしていきたいと思います!

第一段はこちらからどうぞ!↓↓

JCS優勝レシリザデッキ解説 ポケモン編

 

デッキレシピ

デッキコード FFvF5w-YA5TVm-1FVbkV

 

 

グッズ 20枚

 

ネストボール 1枚

「空いた枠に損にならないカードを」

という感じかなと思います。

もしくはプレシャスボール4枚目を、

ネストボールに置き換えたような。

 

こだわりハチマキ 2枚

レシリザが色んなタッグチームを

ワンパンするためのカード。

貼るポケモンが決まっているので

2枚もあれば十分。

 

リセットスタンプ 2枚

終盤にグズマに辿り着かれないための

切り札的存在です。

アンノーンhand系の対策にもなります。

各種コンボ対策にも便利!

スピードのあるカキ型レシリザは

相手を遅らせることができれば

勝利が近付くと思います!

 

炎の結晶 2枚

エネ破壊やエネルギー事故に出くわした

ときの頼れる存在です。

溶接工があるのでドローサポートと

しても間接的に働きます。

 

あなぬけのヒモ 2枚

相手の妨害的な役割も発揮してくれる

ポケモンいれかえ。

ジラーチ型には必須です!

 

ポケモンいれかえ 1枚

「あなぬけのヒモよりポケモンいれかえ」

という局面は意外と多いです。

そのためにも1枚入れたいですね!

 

ハイパーボール 4枚

手札をロスしますが、それでも

「なんだって連れてこれる」という

大きなメリットを持つハイパーボールは

4枚採用となっています。

ネストボールやプレシャスボールで

届かない部分を埋めてくれる、

1枚刺しポケモンの多いデッキには

必須カードです!

 

プレシャスボール 3枚

このデッキにおける特徴的な部分だと

個人的には思います。

手札をロスせずにレシリザやテテフ、

デデンネにアクセスするためでしょう。

ハイパーボールからテテフなどの

アクセスを多用するデッキでは、

手札を2枚捨てなくていいというのは

とても大きなメリットとなるため、

これぐらいの枚数が安定するという

実用例だと思います!

 

エスケープボード 2枚

ジラーチ専用道具と思われがちですが、

実際に対戦すると思わぬところで

活躍してくれます。

2枚採用は納得です。

 

フィールドブロアー 1枚

損にならない1枚。

逆に2枚だと働かない局面が多い印象。

 

 

サポート 11枚

 

グズマ 3枚

火力がある分、余計なポケモンを

あまり倒したくないため、

グズマは3枚採用でした。

ポケモンカードは、終盤はグズマへの

アクセス力で決まるので、

最近は2枚より3枚採用のデッキを

多くみかける印象ですね!

 

溶接工 4枚

序盤、中盤、終盤のどの局面でも

働いてくれるので、4枚採用です。

そのカードパワーは圧倒的……!!

 

カキ 3枚

溶接工と違い、

「序盤は欲しいけど終盤はいらない」

というカードなので、3枚採用。

初手カキができなくても溶接工が

できていればなんとかなるので、

「決まれば嬉しい」な枚数ですね!

逆に中盤以降はハイパーボールの

えさになるでしょう。

 

ククイ博士 1枚

打点調整用のサポート。

多くのデッキに1枚だけ

採用されているのをよく見かけます。

ククイ博士の良いところは、

最後の一押しをしてくれるところ。

ポケモンカードでは相手に番を渡して

しまえば何もできないため、

あと1ターンで勝てても逆転されて

しまうことがたびたびあります。

そんなときに「あれば嬉しい」のが

ククイ博士ですね!

 

 

スタジアム 5枚

 

無人発電所 2枚

ピカゼクなどのデッキに対して

有利に動くための大きなカード。

自分だけカプテテフを使ったあとに

貼ると、相手が後攻で使えなくなるのも

盤面を有利にする上での使い方です。

レシリザは影響を受けないので、

ヒードラン非採用型は入れたいですね!

 

ヒートファクトリー 1枚

ドローソースが多くないデッキなので、

出したターンに3枚引けるだけでも

大きな存在です。

 

巨大なカマド 2枚

スタジアムの張り替えが激しい

現在のポケモンカードの環境なので、

このデッキでは炎エネルギーを

12枚まで圧縮して、その隙間に

巨大なカマドを入れている印象です。

自分のスタジアムで動くのは

とても重要な要素となるため、

このバランスは覚えておきたいですね!

 

 

ということで、

解説 トレーナーズ編でした!

次の記事では、

「なぜこのカードが入ってないのか」

という部分について解説していきたいと

思います!

思ったより長くなったな……(笑)

ご参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です