Twitter

ツイッターにて詰めポケカの更新情報や、公式さんへの質問とその解答などをつぶやきますので、よかったらフォローお願いします!

【初心者用コラム】 リーリエ? シロナ? エリカ? 結局どれを選べばいいんだ!その①

ご覧いただきありがとうございます!

今回は個人的に最近気になっている

「ドローサポートの選び方」について

わかる範囲で解説していきます!

トッププレイヤーが何かの間違いで

ここを覗かないことを祈りつつ(笑)、

自分にわかる範囲で書きたいと思います!

 

ドローサポートとは

ドローサポートというのはその名の通り、

「ドロー効果のあるカード」

という意味ですね!

ポケモンカードの場合はトレーナーの

種類に「サポート」があるので

ややこしく感じますが(笑)、

グッズであれポケモンの特性であれ、

カードを引く効果があるカードは、

すべてデッキのドローサポートとして

考えるのがTCGの基本かと思います!

ゾロアークやジラーチは、

ポケモンの特性の中でもかなり強力な

ドロー能力を持つカードですね!

他にもヤレユータンやゼブライカ、

マグカルゴもよくみかける特性ですし、

ワザでドローするベロリンガなども

強力なドローサポートといえます。

 

今回解説するのは、その中でも

デッキ改良時の最大の難点である

「サポート」カードの選び方を

できる限り解説したいと思います!

 

初手リーリエ

ハイパーボールからカプ・テテフGXの

「ワンダータッチ」で初手リーリエ!

誰もが使い使われる、

磐石の1ターン目ですね!

リーリエの良いところは、

とにかく初手のドロー力にあります。

カードを使えば使うほど、

6枚、7枚と引けるのは圧倒的です。

しかし、良いところばかりを見ても、

ドロー用のサポートカードは選べません。

サポートカードを選ぶ際には、

ドローサポートのマイナス面に

注目すべきだと思います。

 

リーリエのマイナス面

リーリエのマイナス面は、

「6枚(8枚)まで引く」の

『まで』という部分です。

つまり、手札を消費するデッキなら

リーリエは最大の力を発揮しますが、

進化ポケモンやエネルギー、

他のサポートなどがかさむデッキでは、

リーリエは力を出せません。

曲面によって使えるかどうかが変わる

「リセットスタンプ」などもですね!

手札が貯まる曲面が多いデッキには、

リーリエは不向きということですね!

 

具体的な例

例えば同じ「ゾロアーク」系統でも

様々な種類のデッキがあるため、

必ずしも

「このデッキにリーリエはいらん」

とは言えません。

しかし、初手に「ウツギ博士」を使いたい

ゾロアーク系統のデッキは、

リーリエの採用枚数は減るでしょう。

0枚のデッキもありますね!

 

逆に、ボールを多く投入した

「ゾロアーク」系統のデッキや、

入れ替え系のグッズや「エレキパワー」

などをどんどん使う

「ジラーチサンダー」などのデッキには

結構な枚数が入ってる場合が

多いかと思います!

 

結局何枚?

結局何枚必要なのかと問われれば、

「とにかく回してみて」と

答えるしかありません。

100戦やって50回邪魔なら、

100戦やって30回邪魔なカードと

入れ替える。

そんな地道な作業こそが、

ドローサポート選びかと思います。

自分がどうデッキを回したいか、

そういう主張のためにも、

選択していきたいですね!

 

 

ということで「リーリエ」の

解説をさせて頂きましたが、

他のサポートの解説は

あまりにも長文になるので、

二回に分けます!(笑)

ご覧いただきありがとうございました!

次回はシロナとエリカを

解説させていただきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です