Twitter

ツイッターにて詰めポケカの更新情報や、公式さんへの質問とその解答などをつぶやきますので、よかったらフォローお願いします!

【ガチデッキ紹介】 ジムバトル参加デッキを紹介します! ~アローラペルシアンGX編~

 

ご覧いただきありがとうございます!

今回は先日のジムバトルに参戦した

「アロペルGXデッキ」を

紹介していきたいと思います!

 

デッキレシピ

デッキコード JxDc88-wWcr3A-DKYxc8

 

構築意図解説

基本的にはアロペルを相手に

押し付けるデッキになります(笑)

アロペルはタッグチームはもちろん、

特殊エネとウルトラビーストも

巻き込んでブロックするため、

立ちさえすればかなり固いです。

 

フーパ非採用の理由としては、

『アロペルフーパは完封型だが、

アロペル単は対応型である』

という持論にあります(笑)。

 

単純にペルシアンGXや

アローラベトベトンを入れたかった

というのも大いにありますが(笑)、

フーパと入れ替わりながら

完封を目指すのではなく、

サイド管理をしながら

最適なプレイングを目指す

ゾロアークの様なデッキを

意識して作りました!

 

戦績

VS超バレット 0-4 勝ち

VSジラサンピカゼク 0-3 勝ち

VSミュウミュウ 6-5 負け

 

感想

はっきり言って

事故ります(笑)。

サポートを絞りすぎた影響が

かなり顕著に出るデッキになりました↓↓

 

初戦の超バレットでは相手は止まるが

こちらも何も出来ない時間が長く、

アローラニャースのわるだくみに

かなり救われる形になりました。

相手のテテフでの攻撃を

エネポーターが止めてくれたのが

大きかったですね!

 

二戦目のジラサンピカゼクは、

無人発電所2枚がサイド落ちという

奇跡的な幸運に恵まれたにも関わらず

改造ハンマー1枚で4ターン近く

止められたので、やはりドローソースの

重要性を痛感しました。

相手が序盤からシビルドンを

展開できていればかなり

厳しくなったと思われます……

ゾロアークのデッキに似せても、

ドローソースの量が大差なので、

これは大きな構築ミスでした。

 

3戦目はサポートが引けず、

ニャース即死で終わったので、

まあドローソースの枚数的に、

仕方ないなとは思いました。

構築負けですね。

 

改良点

刺さったときは

まず負けない動きをしますし、

フーパ型と違い

いれかえる必要性が薄いので、

ポケモンいれかえ、

フウとラン、

ネストボール、

レスキュータンカあたりを抜いて、

エリカやポケギア、リーリエと替えて、

事故を減らすようにしてみれば

かなり動くかなと感じました!

また色々なポケモンをサブに採用して

オリジナルデッキに仕上げたいですね!

 

ご覧いただきありがとうございました!

みなさんもよきポケカライフを!

本日はジャッジ&オーガナイザーの

二次試験なので、

頑張ってまいります!

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です